エンタメ不感症の患部に巻く包帯

好きなものについて語るブログ

A.C.E.2(アナザー・センチュリーズ・エピソード2)

 

OPムービー


点数:55点

 

短評

 前作にあった欠点を無難に補い、やや進歩の兆しが見えるものの、それでも不満な点は数多く残る。操作性は向上したがゲーム性が低下した。
 


 

クロスオーバー要素はそこそこ

 
 前作のフラッシュフォワード型の独自路線ストーリーという奇抜なアイデアとは異なり、今作は無難にスパロボ的な世界観クロスオーバーの王道スタイル。どちらがいいというワケでもないですが、今回はそれぞれの世界観をうまく摺り合わせている箇所がいくつかあり、中でもマクロスの勝ち目のないようなゼントラーディ艦隊に突撃していくエピソードのカタルシスを中心としたラストステージはそこそこのスケール感があります。
 
 普通のスパロボだと最後は参戦作品がゲームオリジナル関連のイベントの脇役になることも多いですが、今作はマクロスの話に集約するような珍しい作り。満点にはほど遠いストーリー展開ですし、フロムにしては珍しい王道スタイルでもっと歪なことをやって欲しいとも思います。
 
 

機体の水増し、ボリュームの水増し

 
 前作に比べ、操作可能な機体がぐっと増えたのですが、特に斬新と感じるほどの操作感を覚える機体はなく、ほとんどが水増し機体。似たような操作感で似たような武装のため、新しい機体が増えても特に興奮がありません。
 
 敵の機体も同じで、大量の無個性な機体が的のごとく沸いてくるだけで、一体自分がどんな敵と戦っているのか、ほとんど認識できないレベル。
 モビルスーツでもオーラバトラーでもアンチボディでもどれも似たような印象しか受けず、差別化がうまくできていません。
 
 さらにはボリュームも前作より増えましたが、これも水増しとしか言えないような単調なミッションが多く、ひたすら敵を倒すか、ターゲットを破壊するか程度のバリエーション。
 
 全体的に水増し感が半端無く、プレイしていて機械的なプレイをしているだけで、終始退屈な印象しか受けなくなりました。前作のやや面倒だと思うようなミッション(マスドライバーで一撃死や自爆戦艦で一撃死など)が懐かしく思うほどの単調さ。
 
 達成感のある面倒なミッションや、フロム特有の少し変わったクリア条件のミッションなどをもう少し残して欲しかったところ。
 
 

操作性が向上、しかし……

 
 全体的に前作の不満だった操作性関連の部分は向上が見られるものの、それでもまだまだ不満点は多いです。
 
 ロックオンするとちゃんと敵に向かって射撃するようになった部分は改善。
 近接攻撃ボタンと遠距離攻撃ボタンが別々になった点も改善。
 レスポンスが全体的に向上した点もいい。
 
 ただ、改悪に近い要素も多い。前作ではボタンごとに攻撃が割り振られていたが、今作からは前作にやや近いシフトタイプと、メイン武装を切り替えて使うセレクトタイプの二つから選べるようになりました。
 
 シフトタイプはL1ボタンを押しながらボタンに割り振られた武装を選ぶタイプで、メイン武装以外を使う場合は常にL1ボタンを押さないといけない面倒な仕様。L1ボタンを押している間はダッシュボタンである×ボタンまで武装が割り振られるため、やや面倒(ダッシュができなくなる)。
 
 セレクトタイプは、メイン武装を切り替える方式で、通常攻撃ボタンである□ボタン一つで全武装が使えます。
 ただ、機体によっては5つも6つも武装が積まれており、うまく目的の装備に切り替えできない事態が発生します。
 ミサイルが撃ちたいのにミサイルに瞬時に武装を切り替えられず、延々違う武装を経由して選択する羽目になったりと、武装チェンジがストレスになります。
 
 ここは出撃前に武装を絞らせたり、十字キーの上下左右に通常兵器やホーミング系のミサイル、ジャミングなどの特殊兵装など、武装のジャンルごとにボタンを割り振り、武装チェンジを体感で分かりやすくするなどの工夫が欲しかったところ。
 これに伴い、可変型の機体は変形まで武装の一つの扱いとなり、前作のように両アナログスティック押し込みで簡単に変形できたのとは異なり、変形が面倒になりました。
 
 

まとめ

 
 操作性が改善されゲーム性が低下するという巷に溢れる典型的な続編のあり方を踏襲している無難な2となっています。
 
 
フロムソフトウェアのロボットゲーム

 

 

アナザーセンチュリーズエピソード 2

アナザーセンチュリーズエピソード 2